子育て

双子抱っこひもは2つ使いで乗り切った【感想】

双子ママ
双子ママ

1人用の抱っこひもを2つ使いでも大丈夫?

双子用抱っこひもを買うべき?

こんな疑問に答えていきます。

 

本記事の内容

  • 抱っこひも2つ使いでの感想
  • 購入した1人用抱っこひも
  • 使い方
  • メリット・デメリット

双子を出産してからしばらくはお家時間が多く、「抱っこひもはまだいいや~。」と思っていました。

いざ手助けがない状態で検診に行かなければならず、焦ったのを覚えています。

今回は、私がワンオペでも乗り切った『抱っこひも』を紹介します。

購入に迷っている方は、ぜひ一度参考にしてみてください。

双子抱っこひもは2つ使いで乗り切った

私は、エルゴ抱っこひもで双子育児を乗り切りました。

理由は、まだ双子用抱っこひもなどなかったからです。

エルゴの快適性は長女の出産時から知っていたので、買い足すかたちでエルゴ2つ使いになりまいした。

なんと言っても、エルゴは体への負担が軽いのが特徴。

迷うことなくもう1つ購入決定!

また主人が休みの日は、1人ずつ抱っこして買い物や家事をこなしていました。

ですから長いスパンで考えると、赤ちゃん1人に対して1つずつの抱っこひもが必要だと言えます。

補足:双子用抱っこひもは必要ないの?

そう言った疑問もあると思います。

もしこれから購入するのであれば、双子用抱っこひもは機能性が高いモノ選びましょう。

私がオススメする双子用抱っこひもは、『Twin Go』です。

なぜなら、分割できるというメリットが大きいからです。

例えば、日中はワンオペ育児なのでママが1人でも抱っこできる双子用抱っこひもを使います。

旦那さんがいる休日などは、手分けして相手をするのに分割型が重宝。

ショッピングで主人と別行動で回りたいときなどにかなり使えました。

新しく購入する方は、分割できる『Twin Go』が長く使えて圧倒的に得です。

双子抱っこひもはどうする?【選ぶポイント紹介】双子用の抱っこひもはどうすべきか?実際にどんなシチュエーションで活躍できるか解説します。双子ママが、選ぶポイントやオススメ商品を紹介。購入する前に参考にしてみてください!...

購入した1人用抱っこひもはエルゴ

エルゴ公式サイト

私が選んだ抱っこひものはエルゴ一択。

先程述べた通り、長女の時に使用し自分への負担が軽くなったから「絶対にもう1つ購入しよう!」と決めていました。

まず、腰ベルトがしっかりと安定していて楽に動ける。

それと肩パットに厚みがあり、長時間でも疲れにくく『エルゴ』でディズニーランドで歩き回っても余裕です。

快適さを知っていたので、他の抱っこひもで失敗したくなかった私は『エルゴ』に決めていまた。

最新の『エルゴOMNI Breeze』

ワンオペでエルゴ2つ使いできる?

1人で2つ使いはできます。

前後で抱っことおんぶをする感じです。

まずは腰ベルトをおんぶ用と抱っこ用の両方はめてから行います。

先におんぶをし、最後に抱っこをしてあげてください。

ヒロ
ヒロ
留め具の閉め忘れがないようにしましょう。

私も最後の必殺技として、愚図りだしてお手上げの状況で使用。

いざという時に2つ使いできるのは、かなり助かりました。

補足:2つ目はスリングでも使える?

もちろんスリングでも対応できますが、使える期間が短いです。

エルゴとは違い、10kg程度までしか使用できません。

しかし、ちょっとした移動にはスリングがベストな時も多いです。

例えば、検診へ行く時や車までの移動はさっさと済ませたいのでスイングだとかなり楽。

エルゴよりコンパクトなのでかさばらず、急な愚図りにも対応が簡単です。

まずは、サブ的にエルゴとスイングのダブル使いもオススメ。

対応しきれなくなったら、メルカリで売ってエルゴをもう1つ買うのも賢い使い方ですね。

\軽量コンパクト!/

エルゴのメリット

旦那
旦那
抱っこひもは、どれも同じじゃないの?

このように考える方もいるかと思います。

最新の『エルゴOMNI Breeze』のメリットについて解説していきます。

  1. 昔よりはるかに利便性が高い
  2. メッシュ素材で通気性が高い
  3. デザイン性も重視している
  4. 丸洗いできる
  5. 補足:災害時こそ活躍

上記の内容で説明します。

昔よりはるかに利便性が高くなっている

旧型は対面前抱きとおんぶのみでした。

人気があるからこそ改良され続いています。

私がオススメしたいのは『エルゴOMNI Breeze』です!

最も大きく改良されたのは、『前向き抱っこ』ができること。

動き出したい6ヶ月頃から、前向きにしてあげると赤ちゃんの視界が変わりご機嫌になります。

また、対面抱きは新生児からOKなので他のメーカーに比べる明らかに利便性が高いです。

進化した『エルゴOMNI Breeze』は、より使いやすくてオススメです。

メッシュ素材で通気性が高い

優れた通気性をもつメッシュ素材で、1年中快適です。

ムレが気になる、背中からお尻にかけてメッシュを使用。

赤ちゃんの体温は高く、汗かきです。

暑さに不快だと愚図る原因にもなります。

せっかく抱っこしても泣かれちゃ、ママも苦労も水の泡。

素材はかなり重要なので、通気性の高い『エルゴOMNI Breeze』はダントツ人気です!

デザイン性も重視

機能性はもちろんですが、「おしゃれじゃなきゃ嫌!」と考えているママにはベスト!

ママになっても外出時はおしゃれしたいし、抱っこひもと洋服があまりにも合わないと楽しめません。

『エルゴ』は、シンプルで色合いが落ち着いるモノばかりで、服に合わせやすい!

私は、ベージュとネイビーを購入したので、主人も嫌がることなく使っていなました。

ヒロ
ヒロ
旦那さんにも抱っこしてもらわないと困りますからね!

また、別売りのカバーが豊富で自分の好みでカスタマイズできるのが楽しみのひとつです!

シンプルだからこそ、小物でオリジナリティを出してみてください。


丸洗いできる

赤ちゃんの肌に直接触るものだから、洗濯したいですよね。

エルゴは丸洗いできます!

抱っこひもは、よだれやミルクなどで汚れるのは間違いなしです。

推奨する洗い方

  1. 留め具をできるだけ全て留める
  2. 洗濯ネットに包み込むように入れる
  3. 中性洗剤を使って洗濯機の弱または手洗いで洗濯

蛍光増白剤や塩素漂白剤は使わない

 色落ちの原因になります。

\赤ちゃん用洗剤なら安心/

補足:災害時に絶対必要

1人用に限らず抱っこひもは避難時の必需品です。

ママひとりだった場合に、双子ちゃんを抱えて逃げることは困難。

想像してみてください。

地震や台風など万が一の時に、1人でもおんぶができてば避難は格段に楽になります。

私も50m先で火事が起こった際に、1人はおんぶをし、いつでも逃げられる状態で待機していました。

ガタガタ足は震え、とても不安だったのを覚えています。

誰の手助けない状況こそ、抱っこひもは活躍することも頭に入れておきましょう。

ヒロ
ヒロ
万が一ですが、ひとりだったらどう避難するかを考えておくのも大切です。

エルゴのデメリット

ママ
ママ
いくらオススメだからってデメリットもあるでしょう?

そんな疑問もありますよね。

私が感じだデメリットは下記の通りです。

  1. コンパクトにはなるが2つ持ちはかさばる
  2. お値段が高い

詳しく説明していきます。

コンパクトに折りたためるが2つはかさばる

折りたためるのは確実にありがたいが、結局2つは邪魔ですね。

私は1人育児を経験してからの双子育児だから感じるかもです。

やはり、赤ちゃん用品全般2つずつなのはしょうがありません。

きっちり折りたたんで、なるべくコンパクトにして持ち歩きましょう。

1番大切なことは収納のしやすさではありません、結局は使い心地が重要なのです。

コスパが高いとは言えません

エルゴ1つで『31,900円税込み』!

これは高い。

この値段だと2つ買うのに躊躇しますね。

まずは1つ購入してみるのもありだと思います。

使う頻度で後から買い足すことでも十分間に合いますよ。

メルカリなどでも出品される時もあるので、狙っておくのもいいですね。

また、自身で最後は売るのもオススメです。

高い買い物なので、1つから購入してみてください。

まとめ:双子の抱っこひもははエルゴ2つ使い!

わが家の抱っこひも事情を紹介してきました。

子育ての環境はそれぞれ違います。

こちらは私が3年間双子育児を乗り切れたベストな方法です。

お金はかかりますが、思い切って2っ買ってよかったと思っています。

双子育児は壁にぶち当たることも多いですよね。

あくまで私の意見ですが、移動手段で使う『抱っこひも』と『ベビーカー』は妥協せず高くても『使いやすさ』を重視しましょう。

ストレスは機能性で軽減できますよ!

ヒロ
ヒロ
わが家は、エルゴに入ると即寝てくれるので本当に助かりました。

\お得にポイント貯めちゃいましょう/

抱っこひもを検討中のママは、ぜひチェックしてみてくださいね。